自分の可能性を拡げる

マイク

東京にはボイストレーニングスクールが沢山あります。カラオケで上手くなりたい方や、動画サイトに自分の歌をアップしている方は、利用してみると良いでしょう。プロを目指す方は、音楽専門学校で学ぶ事をお勧めします。

More Detail

体験講座でも学べる

マイクを持つ人

ボイトレは歌だけではなく、話し方などにも関わってきます。新宿では駅近くにボイトレができる教室などもありますので、仕事でプレゼンなどを行う際には一度ボイトレを行ってみることも役に立ちます。説得力を増すためにも、話し方は重要になってくるからです。

More Detail

役に感情移入

女の人

運も必要

アニメや洋画の吹き替えで声だけで、その役柄の特色を演じて人格や魅力を視聴者に伝えていくのが、声優の仕事になります。登場人物に同化して役を演じますが、吹き替えの最中には俳優と同じように、全身を使って演技しながら担当する役のセリフを吹き込んでいきます。声優になるためには、資格も学歴も問われません。義務教育を修了すれば声優への道を歩むことも可能ですが、一般的には高校を卒業した後専門学校や大学で基礎的な知識や技法を学んで、さらに劇団やプロダクションの養成所で訓練を受ける人が多くなっています。声優の仕事だけではありませんが、この世界は声優の仕事だけで生活がしていけるようになるには、長い年月と運が必要になってきます。また養成所での技術の習得も必要になってきます。

文章を理解する力

人に好感を持たれる声の持ち主であることが、声優にとっては欠かせない資質になっています。ですがそれだけでは声優は務まりません。演技力があることや、文章の理解力があることが必要になってきます。ただ文章が読める、漢字をたくさん知っているといったことではなくて、文章に込められた作者の感情、喜び、怒り、悲しみといったものをどれだけ体全体で感じ取ることができるか、感じる心を持った文章の理解力が必要になってきます。そのため養成所に通いこれらの力をつける人たちが多くいます。また社会に対する幅広い知識と、社会問題に対して敏感であることも必要になってきます。報道特集のナレーターをするときなど、どういう感情移入でナレーションを行うのか大事なポイントとなるからです。このようなことを学ぶために養成所に通うことになります。

目標と可能性を広げよう

男性

声優になりたい人が高校へ行く場合、一般的な高校へ行って放課後にレッスンを受けるか、芸能に関するコースを持つ高校へ行くという、大きく分けて二つの方法があります。芸能に関するコースは通信制に多いです。声優以外にも「声」を活かすことができる仕事も多く、それらに目を向けておくことも大事です。

More Detail